(225) 術後2年目の挑戦 ②





“JALカップ全日本パークゴルフ選手権大会”

パークゴルフ愛好家の間では

この大会を“JAL”と呼んでいます。


各地域で選抜予選を勝ち抜いてきた強豪達の中から

その年の全日本チャンピョォン(日本一)を決める大会。

当然その大会に出場出来るだけでも大きな意味がある。


地域によって選抜方法が流動的なアバウトなところもありますが

それでも一般的には“JALに出た”と言う事で評価は違うものです。

出場した人は当然プレーにも自信がつき

良い意味で周りが影響されてくるでしょう。

ひいてはパークゴルフ界を牽引する力にもなると思います。



私も出場したい部類の人間です。

強豪と肩を並べて、同じ空気を吸いたい\(^o^)/


パークゴルフを始めてから永遠と思い続けているのです。

数多くのハンディを背負いながら

出来ることからチャレンジしていこう。



そうこうしているうちに

仕事などで肉体的・精神的に酷使してきた体は

何度も限界値を越え

回りの方々にご迷惑をかけたりお世話になったり

自分を、幾度はがゆく思った事か。


決定的な事が2年前の3月に起きました。

経験された方の多い腰のヘルニヤ・・・・・・・

それも何年も時を隔てて数回目の。

今回のは、坐骨神経痛にまで発展して

もう右足の感覚がマヒ状態。


脊推体固定術(せきすいたいこていじゅつ)という

チタンのビスを、4個しかない腰骨に2本づつ手作業でねじ込んで

それにチタンの丸某2本を平行にはわし

チタンのナットでがっちり固定する手術。

椎間板の無くなってしまっているところには

骨移植術として椎間板の代わりに

人工骨を2か所ハメ込みました。



復帰宣言をしてからは

毎日のリハビリが辛く、それをやり抜いたから

術後1年目の年には

JAL予選にチャレンジする気構えが有ったのです。

しかし①で投稿させて頂いたこととなり

今年2年目となる5月

リベンジならずの不完全燃焼のまま終ってしまいました。



自分に合っていると考え出したスキルアッププログラム。

しかし、並行して執り行わなくてはいけない要因が二つあって

漠然としたままの姿勢で挑んだ事に問題がありました。


今回はっきりと実証されたのが(出来なかった意味の実証)

①体の疲労が残っていて、腰がプレーをする状態に回復していなかった。

②ニュウクラブに慣れないまま使用し続けた。




①腰の疲労は、過度の練習がそれに当たります。

より深刻なのが、数年前からも同じ様な結末を繰り返しており

今年の情況を振り返り気がついたのですが

“仕事の疲労、解消バランス感覚”が

全くできていなかった事に尽きます。


②のクラブについては

多少の時間が解決してくれるでしょう。


重く言うならば

『疲労』をそのまま放置しておけば

自分の人生をも変えてしまう。


今回の経験から

決して表舞台には出てこなかった

“仕事の疲労”は最重要課題として

根底から対策を打つ必要があると考えました。



来年のJALに向けて

【 I never take it off 】






















    ご訪問頂いた皆様有難うございます。画像すみません男性


 できましたら下記のテキストかバーナーをクリックお願いしますね 

       FC2 Blog Ranking

       




   御訪問者の皆様から
   多くのコメントをいただきまして大変ありがとうございます。
 
   いただいたコメントの中には投稿内容とは全然関係の無いもので
   首を傾げるものがあります。
 
   特に管理人が不適切と判断したものにつきましては勝手ながら
   削除させて頂ています。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

検 索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆       (地区をクリック)

-天気予報コム- -FC2-
季節のお便り
注目サイト
メール下さい!

名前:
メール:
件名:
本文:

嬉しいコメント
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブロとも一覧

しゅんY12の部屋【パークゴルフ研究・ゴルフゲーム等プレイ日誌】