FC2ブログ
検 索
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆       (地区をクリック)

-天気予報コム- -FC2-
季節のお便り
ブロともになって下さい
メール下さい!

名前:
メール:
件名:
本文:

(279)第25回JAL全日本PG選手権大会





昨日まで(9月14日、15日)2日間
第25回JALカップ全日本パークゴルフ 選手権大会に
出場して来ました。



       JAL大会しおり


昨年は地元の予選会大会を棄権した経緯もあり
半年かけて大会全コース終了まで持つ身体作りと
出来るだけ疲労を少なく抑えるためのスケジュール管理を
自分なりには厳密に組み立てたつもりです。

しかし、そこに行き着くための道程は険しくそして長く
幾度もプランの変更を余儀なくされました。

PG協会地区連合会の大会には、どの程度の練習量で
腰が動かなくなり、大会当日も36H無事コースを
回ってこれるかデーターとして知っておきたかった。


一番辛かったのは仕事。

実は、腰に8本もボルトを埋め込んでいる人は
なるべく車の運転をしないようにと言われます。
当然姿勢もありますが、埋めているボルト間の
筋肉が硬化して身体が持ちません。

治療院に頻繁に通い、先生にストレッチのご指導と
都度の硬化状況確認が今後のリハビリと
練習スケジュール方針を決める目安となっていました。


パークゴルフ を始めて17年程になりますが
出場した色々な大会を振り返ってみても
いや〜、一番辛かった。

良スコアを目指すのは大切なことなのですが
いかに全コースを回りきり終了させるか。
途中棄権なんかは同郷のメンバーに申し訳ないし
自分としても絶対そんな惨めな思いは
したくありませんでした。

仕事の疲れがず〜っと残っていたようで
十分な練習と体のケアは思うようには行きませんでした。
大会前一週間という時には気象変動もあって
ソフトラウンドの予定がハードラウンドになり
前夜祭の前日には神にもすがる思いで治療院に駆け込み
先生から、「ん〜、少し体休めた方がいいですよ。」と
ほんの少し持ち合わせていたモチベーションも打ち碎かれ
肩を落として帰宅しました。

そんな翌日、前夜祭。
もう辛くて辛くて仕方がなかったのですが
同好会の仲間は私が車で送迎しなければならず
男として顔には一切出さず、にこやかに参加
したのです。
帰宅21時頃。・・・もう勘弁してよ!
翌日、初日6:30受付開始。

軽めのリハビリ、ストレッチ等2時間以上は
時間が必要。
朝食、他諸々の準備で3時間は必要でした。

とりあえず、今までは使用していなかった
入院中に腰、お腹をがっちり固定いていた
相当ごついコルセットを引っ張り出し
思いっきり絞って装着し、出発。

大会が始まり9ホール目あたりから
右腰にヅッキーンと痛みが走りました。

あ〜あ、あと27ホールを何とか乗り切ろう。

腰の不安を打ち消すように
同組クルーと冗談を言いながら
みんなが和み和気藹々とそして真剣に。

どこかでホールインワンもひとつ取ったりして
クルーからの歓喜祝福もありで
腰の痛みが我慢できるようになったのでした。


2日目は腰も相当悪化していたようで
棄権という選択肢もあったのですが
コルセットに加え、痛み止め(ロキソニン)
と筋肉軟化剤(入院中に飲んでいた残り)を飲んで
何が何でも36ホール回りきるという思いに
その対策に終始しました。

大変辛い大会いにはなりましたが
それ以上に初日、2日目と良いクルーに巡り会い
それと、「旧みんパゴ」仲間もかなり出場してて
懐かしさと楽しさで最高のJAL戦でもありました。


いつも思っている事なのですが
成績を争う大会はそれはそれで良いと思います。
しかし、
年間2,000人以上のPG協会 会員が減少している中
パークゴルフ の考え方がこのままでは良いのでしょうか。

例えば、今回男子シルバー92人(当初予定)という
枠を別に設け、高齢にも対応した大会だったと思いますが
ならば何故、仮設トイレを倍以上設置しなかったのか。
トイレ待ちでスタート時間に遅れてきた方もいました。

また、ベンチも非常に少なく雨宿りするスペースが全く足りてません。
選手600人に付き添い、その他応援者も考えるとそれ相応の
対応を考えられた方が良いのではないでしょうか。

会員減少状況を鑑み、相当真剣に対応策を考えていかないと
14年後には会員数が限りなく0に近づきます。
そういった危機感はお持ちですか?


最後に

今回の大会で大変遺憾に思ったことがありました。
普段からの癖でそういう問題を起こしたのかも知りませんが
パークゴルフ をする者としてマナー以上に人間形成に
問題がある方がいらっしゃいました。
個人の名誉のためにお名前は伏せておきますが
本人にも心の底から反省と謝罪する心を持っていただきたいと
思います。
それは
2日目の前半組が終わり、食事も済ませるくらいの時間
北見方面(北見ナンバーの車)からJAL戦に初めて出場し
もう嬉しくて楽しみで胸を躍らせてこられた好青年がいます。
全行程を終え、用事もあったことから帰省しようと車に行くと
彼の車の真ん前にホンダ軽がで〜んと横付けしているではありませんか。
ここは来場者がくまなく駐車できるスペースくらいは十分にある
駐車場です。
さ〜て、車を出すにもバックもできず横に交わすこともできず
3時間ボ〜ッと待っていたようです。
その後もそのホンダの運転手が来ないため、役員やらゴルフ場の
関係者の方やらが大勢集まり大騒ぎになりました。
青年は帰る時間が迫っていたため警察を呼ぶかとも言い出しました。
そのホンダの持ち主は、なんでも有名な方で札幌北区協会、
ゴルフ場関係者の方々はおおよそ察しがついたようで
本人を探しやっと来てもらう事が出来ました。
焦っていたようには見えましたが、心から反省しているようには
とても見えませんでしたね。
『福移の杜』の大会ではいつも優勝されている方だとか?

パークゴルフ を志している方が、人間としてのあるまじき行為をする
などとは言語道断、一切の出入りを禁止する必要があります。

皆さんはどう思われますか?

彼は「せっかくJAL戦を楽しみに来たのにもういやになりました。』
と言ってましたよ。
被害者の彼はすぐにネットで写真を拡散してるようですよ。
心情がよくわかりますよね。

あ〜あ、また一人パークゴルフ 協会員が減りそうですね。






    ご訪問頂いた皆様有難うございます。画像すみません男性
 できましたら下記のテキストかバーナーをクリックお願いしますね 

       FC2 Blog Ranking

       

   御訪問者の皆様から
   多くのコメントをいただきまして大変ありがとうございます。
    いただいたコメントの中には投稿内容とは全然関係の無いもので
   首を傾げるものがあります。
    特に管理人が不適切と判断したものにつきましては勝手ながら
   削除させて頂ていす。
関連記事
スポンサーサイト



COMMENT

ゆっきーさん、ありがとうございます。

私のブログに立ち寄って頂いて有難うございます。
ゆっきーさんから頂いたコメントで私自身も元気を頂きました。
不満を言うよりも、相手のことを心配して気を使って下さり
本当にゆっきーさんは心の暖かい方なんですね。
もうパークから離れられてしまうのではないだろうかと
少々心配していましたが、細かいことにこだわらず
ポジティブに続けられると言うことで安心しました。
自分が楽しくプレーしていると、周りの人も同期して
楽しくなって来ますよね。
これから益々楽しいパークゴルフ を推進してください。
ご活躍を祈っております。

◯ッキーさん、ご報告ありがとうございます。

懐かしいお二人に会えて良かったですね。
モチベーションも上がってきたみたいですし
楽しいPGライフをお楽しみください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Rさん、具体的なコメントありがとうございす。

何処の地域にも居そうな、手が付けられない天狗さま。
それなりの実績があるもんだからなおさら始末が悪い。
でもね〜
あと数年の辛抱だよ。
そういう人はあちらの国からのお迎いは早いよ。
みてごらん、周りを。早いだろ〜(笑)
もし大会で同じクルーに当たってしまったら
ブラックジョークを連打して笑い狂わせ
おとなしくしていただく事だね。

Rさん、若しくはイジメ?

それでしたら拳法の技をかけるしかないですね。
降参するまで技を解かない。
当事者同士はどう思っているのかな。

相手の言い分を聞いてみたいですね。



NAさんコメントありがとうございます。

初心者の方や外国の方、初めてパークゴルフ を経験される方は
パークゴルフ のなんぞやはわかっていないでしょうね。
素直に尋ねる方も殆どいないでしょう。

日本人なら他人に迷惑をかけてはいけないという事ぐらいは
わかっているでしょうから、マナーについては話せばわかって
もらえると思います。
しかし外国の方で、堂々とマナー違反をされている方には
生活習慣の違いが原因で理解ができない方も多々いるのでは
ないでしょうか。
NAさんが言っている◯◯の方は、今まであらゆるスポーツで
見せてきている非人道的行為を国家ぐるみで進めていますから
まず正すのは不可能でしょうね。
人として(パークゴルフプレーヤー)の正しいプレイのあり方を
図入りのリーフレット等で知らしめる必要はあります。
まず小さな出来ることからコツコツ進めていけば
必ずよ良くなって行くと信じています。
市なり、コース管理者に現状と改善方法をご提案されてみては
いかがでしょうか、


Nさんコメントありがとうございます。

同じような境遇のNさん、管理者専用にコメント
頂きましてありがとうございます。

第一に、何故パークゴルフ を始めるようになったか?
第二に、好きで始めたパークゴルフ をやめられるのは何故か?
第三に、何故若い方々が地元のPG協会に入会されないのか?
第四に、本部(それら関係者の方々)がとことん精魂尽きるまで
    真剣にPG界の発展を考えておられるのか?
これらの回答を具体的に紙に列記していくだけでも
見えてくるものがあるはずなのに、残念ですね。
決して全世界に目を向け拡大して行く事には異存はありませんが
国内の会員数が毎年二桁%も減少している事に背を向けていては
失礼ですが日本協会のみなさんが仕事をしているとは言えません。
連続マイナス成長ですから・・・・・・・
かなり生意気なことを言わせて頂いていますが、本当に本当に
PG業界の危機が迫っているからあえてコメに書かせて頂きました。
メーカーは収益、前年比いかがですか?
コースの経営は収益上がっていますか?
パークゴルファーのみなさんは満足できていますか?
    

EDIT COMMENT

非公開コメント

自己紹介

和み家阿僧祇                                              (なごみやあそうぎ)

Author:和み家阿僧祇  (なごみやあそうぎ)



19年前リハビリ感覚でパークゴルフを始めましたが、奥が深くてハマってしまいました。
2013年、腰にボルト8本を入れる手術をしたので、本当のリハビリモニターですね。(笑)

最新の投稿記事
FC2ブックマーク