お正月も過ぎて

悪夢の腰の手術から3年目の春に向ってきました。

色々、思考錯誤しながら

素人(トレーナー)の自分が

自分の為のトレーニングメニューを考えてきました。


しかし、実行に移すと欲張りなのか

やはりハード過ぎるものになり

挫折の繰り返し。



でもここにきて

メニューには、めい一杯のセクションを詰め込み

やりたいことの詰め放題メニューにしてビュジュアル化にして

あせりも無く、出来るものを出来る時にやる

心にゆとりを持たせるものに改良してみました。


今、スタートさせたばかりなのですが

目標は、やはり全日本     ^_^;


トレーニングプログラムも

体感日数でどう変化するのか

今度こそ自分にフィットしていて欲しいと思っています。



しかしな~

プランで悩んでいてもどうしようも無いのに


実際にラウンド しなくちゃ~     って

自分に言ってるさ~  (笑)










    ご訪問頂いた皆様有難うございます。画像すみません男性


 できましたら下記のテキストかバーナーをクリックお願いしますね 

       FC2 Blog Ranking

       




   御訪問者の皆様から
   多くのコメントをいただきまして大変ありがとうございます。
 
   いただいたコメントの中には投稿内容とは全然関係の無いもので
   首を傾げるものがあります。
 
   特に管理人が不適切と判断したものにつきましては勝手ながら
   削除させて頂ています。




いつだったか

年金受給率が低下していく中で

高齢者の生活難民者が増大している

というお話を聞いた事がありました。


また、若者の就職率は上昇しているものの

文化的生活が送れる人はその一握り。


つまり

ヤングから高齢者に至るまで

皆さん生活にゆとりが無く

当然文化的生活にも程遠い。


一部、大企業の家庭持ちサラリーマンの方々でも

女性活躍社会に拍車をかけ

ご主人は家庭内の作業に多くの時間が費やされるようになり

結局、趣味嗜好は疎遠になっていく。


そんな未来を想像してしまう時

はたして

健康を維持するためとか、家族3世代のスポーツとか

あるいは、あまりお金のかからないスポーツ

などと

いくら訴求していても、実態が伴って来なくなるのでは無いだろうかと

心配してしまいます。



別に、私が心配する事でもないのですが

今の日本パークゴルフ協会に

その未来創造の開拓が出来るのか

少々疑問を持っているのが現状なんですよ。



個人的に

日本パークゴルフ協会に反感を持っているわけではありませんが

発足して、ある程度の熟成期間も経過しているにも関わらず

《自然を大切に》と 掲げた協会の基本ポリシーが

ことごとくルールに反映されていなく

それを逸脱するかの様なルール改正をしようとする。


そこに深い疑問を感じている所でなのです。


より多くの人に 

パークゴルフの素晴らしさを知って頂き

どんなに困難な生活環境であっても

パークゴルフで明るい生活を取り戻し

明日への活力源になっていただくよう

働きかけをするのが協会の使命ではないでしょうか。



少し風邪も長引いてしまって

体調もすぐれないから

こんな事も考えてしまうのです。


日本パークゴルフ協会には

本当に頑張って欲しいのですよ。


私は

その基本ポリシーの 《自然を大切に》 に感銘して

パークゴルフの世界に入った人間ですから・・・・・・・・・・





























    ご訪問頂いた皆様有難うございます。画像すみません男性


 できましたら下記のテキストかバーナーをクリックお願いしますね 

       FC2 Blog Ranking

       




   御訪問者の皆様から
   多くのコメントをいただきまして大変ありがとうございます。
 
   いただいたコメントの中には投稿内容とは全然関係の無いもので
   首を傾げるものがあります。
 
   特に管理人が不適切と判断したものにつきましては勝手ながら
   削除させて頂ています。




過去2年間、2回

“JALカップ全日本パークゴルフ選手権大会”の

地区予選大会を棄権してしまったのですが

その原因がはっきりしていたので

自己流ではありますが“体質改善プログラム”と称したものを

ここ一週間の時を費やして作って見ました。


自分の体を客観的に観測して

例えばアスリートとしてトレーニングに臨んだ場合

どの程度で体が壊れるか。


今も目覚めに自分でリハビリをしているのですが

これをやめた場合、何日で足腰が硬直してしまうか。


それらはミックスモデルに回避要因として

計算していかなくてはならないと思います。


基本的には

目覚めのベット上でのストレッチとリハビリ。

そこで、このリハビリが軽めの体幹ストレングスになります。


チューブを使い、コアにバランス感覚を植え付ける。

腰を中心とした強化ストレングス。

ウォーキングマシーンで有酸素運動。

要所のストレッチを十分に行いクラブの素振りを

左右、軽め・やや強・強、その日のコンディションで

それぞれアレンジしながら回数も流動的に決める。

2m、5m各パット。

ショットは都度テーマを決めて回数、時間も都度流動的。

その他、バランスボールはストレッチの一環として使う。


まあ、全行程を2~3日やってみたのですが

納得がいくまでの練習で

おおよそ5時間もかかってしまいました。

それと疲労も当然ついて回りましたね。(笑)


そこで全体をエスキス化し

基本のリハビリストレッチは毎日やることとして

他を3パターンに分類し、週2回づつの工程で実証してみました。


ダメです


早起きしても

これだけに 忙しい朝の3時間はとてもかけられませんでした。


どう簡略化するか、もしくはもう少し細分化して分散するか。

また最良を検討していきます。











    ご訪問頂いた皆様有難うございます。画像すみません男性


 できましたら下記のテキストかバーナーをクリックお願いしますね 

       FC2 Blog Ranking

       




   御訪問者の皆様から
   多くのコメントをいただきまして大変ありがとうございます。
 
   いただいたコメントの中には投稿内容とは全然関係の無いもので
   首を傾げるものがあります。
 
   特に管理人が不適切と判断したものにつきましては勝手ながら
   削除させて頂ています。




毎回、大会出場前には

数日間コースに出向いていって

ああだ、こうだと確証の無い事を考えながら

ワンパターンな練習をしていました。


いつもの事ながら、自分のオーバーワークの限界値を

認識もせず、と言っても

どこまでやると体が壊れてしまうという数的限度は

全く意識に入っていませんでした。


それで大会当日には疲労のピークを迎え

毎回悔しい思いをしていたのです。


今まで何回も学習しているから

今度はマイペースでと心に誓って取り組んでいました。


結局は、マイペースという意味自体が曖昧で

出来ている時の自分が基準値になるものですから

過労状態になっていても

その時点では、これがマイペースと思っているのです。


今回90名程の大会に申し込みをして

今までと同じような

腰に疲労が溜まってきて

大会当日には体が壊れて散々な目に会う

そんな予感も持ちながら

大会直近の1~2週間前からせっせ、せっせと

コースに足を運び

得意のマイペースの練習をして

万全な態勢?で大会に臨みました。


今までと多少違うところは

36ホールで打ち止めにして

帰宅後、マッサージチェアーに2時間程かけ

お金が有る時には治療院に通う。



まあ、そんなつまらない話より

結果がどうであったか、興味があるでしょ(笑)


ズバリ、想定通りの110超え。

練習をするたびにスコアが悪くなっていきましたから

当日(9月12日)のコンディションは当然良くなかった。

タフなコースでの練習は、さすがにきついものがあり

大会当日の成果は期待できないので

無理をせず、徹底した体調管理で

最後までやりきることに専念しようと考えました。


連合会や地元協会の大会には、必ずマーカーをおおせつけられ

それが性格上かなり精神的負担となって

自分のプレーに専念できなかったジレンマが有ったのです。

・・・・・・と思っているところに

どういう訳か、はじめて出させていただく大会なのですが

私がマーカー?????

もう完全にスコアーアップなんか求めませんでしたね。(笑)


体を壊さない様に7~8割程度の力で。

マーカーとして神経はそれなりに使わなくてはいけない。


あ~あ、かなり疲れる事が予想されるな~。

それでパット時の集中は・・・・・・

ま、ある程度の事は封印しておくしかないでしょう。


・・・・・・・失望気味でプレーしていると

2~3のロングホールはミスをしてしまいましたが

なんと、ほとんどのロングホールでグリーンオーバーしてしまうのです。

自分の力量で練習してきた飛距離がベストと思ってきていましたが

どういう訳か、大会当日に15Mほど飛距離が伸びている。


今までと同じショットで

OBゾーンにまで届いたことがなかったものが

あっさりと届き、“遺憾の意”を表明したいです。(笑)


今までとは何かが違っています。

方向性では、左右のぶれが消えていました。

他人の体になってしまったかな?


疲れもピークになっているはず

でも、そうではなかったら。

ピッタリ、36ホールでのプレーで

十分体がついてきている。

ショットもその様な中であっても

精度が上がり飛距離も伸びている。


いったい何が良かったのか、何が作用したのか。

もっか真面目に検証中ですが

ウォーキング、体幹ストレッチ、体幹ストレングス

そしてコンビネーション。


どれかが私の体を変えてきて

今回、確かな手ごたえをを感じています。










    ご訪問頂いた皆様有難うございます。画像すみません男性


 できましたら下記のテキストかバーナーをクリックお願いしますね 

       FC2 Blog Ranking

       




   御訪問者の皆様から
   多くのコメントをいただきまして大変ありがとうございます。
 
   いただいたコメントの中には投稿内容とは全然関係の無いもので
   首を傾げるものがあります。
 
   特に管理人が不適切と判断したものにつきましては勝手ながら
   削除させて頂ています。




JALパークゴルフ全日本選手権大会の

各地域の出場できる人数枠は

地区協会連合会に割り当てられ

それが各市町村の協会別に案分されます。


その枠を巡って

各地で予選会等を実施して選抜選手?を決めます。


私の居住地パークゴルフ協会では

最近、地区連合会のパークゴルフ大会当日に合わせ

午前中は連合会の大会

一部その実績に加味し

午後から、我が居住地協会がJAL予選大会を実施しています。


前回のブログに書きましたが

私はその予選会には、熱意をもって参加する予定でした。

しかし

将来あるビギナー高齢者は、栄えある未来を想像し

その未来の代償に

体調を崩したまま、過酷さに耐え忍び

再起不能になる可能性を呑(の)むのか。

または

それらを予知し、すべからず回避するか。

午前の連合会の大会中、考えていました。


それらを決定づけたのは

18ホールを過ぎたあたりから

腰を中心に、背中中が熱(ほて)り出し

妙に腰の動きがストロボシャッターの様に

一個一個の画像を貼りあわせて

パタパタマンガをしている様な

流れる動きではなく

油の切れたロボットそのものに変身してきたものですから。

終盤になると

もうショットも左右好き放題に勝手に飛んで行く。


結論は明白。

涙をのんで棄権を選択したのでした。



それからしばらくが過ぎ

昔、裏JAL大会とかが賑やかだったように

全日本選手権大会の初日の同じ日に

その近くのコースの“角山”で

“JAF”の親睦大会が実施されることになって

JA-L、JA-F で、どちらも“JA”なので

ま、いいか(笑)・・・・・

という のりで

JAFの大会参加を申し込みました。


当然、コースはかなりタフなので

突然腰がトチ狂うと言う事も考えられますので

今日もそうですが

マイペースの練習に行ってきたところです。


今、大切な事。

それは仕事。

食うための収入源。(笑)

その足を引っ張らない様に

腰が壊れない様に

仕事を終え、 そのコースで

いかに楽して回るかを考えに行ったところです。

明日もまた同じように

行ってきます。











    ご訪問頂いた皆様有難うございます。画像すみません男性


 できましたら下記のテキストかバーナーをクリックお願いしますね 

       FC2 Blog Ranking

       




   御訪問者の皆様から
   多くのコメントをいただきまして大変ありがとうございます。
 
   いただいたコメントの中には投稿内容とは全然関係の無いもので
   首を傾げるものがあります。
 
   特に管理人が不適切と判断したものにつきましては勝手ながら
   削除させて頂ています。





向った先が整骨院     


何をするにしても仕事の疲れを残さないこと  ^_^;

とても重要な事が今になって分かったのです。

  
それで“JALパークゴルフ全日本選手権大会”の

目標が無くなったので

心と体の休養と言う事で


心には“ケーナのセラピー音”


体には“体のメンテナンス”と

かなり気取って言っていますが

整骨院に行き“アンマ”をしてもらうこと。

ま、自分的には『治療院に行き、体のンテナンスを・・・・』

と言っているわけです。


ケーナ?

そうそう、南米のペルーの民族楽器ですが

尺八を小さくして、縦笛風にしたような風貌で

アメリカのフォク歌手“サイモンとガーハンクル”が

ペルーの民族音楽の楽曲に

“コンドルは飛んでゆく”という曲名をつけ大ヒットし

その曲中で、心安らぐ音色の縦笛風楽器。


もの好きな私もその楽器にチャレンジしようと思い

お土産屋さんで売っている安いケーナを購入し

少し吹いてみました。

お菓子に匹敵するお土産のケーナでしたから

そりゃあ、音程が相当 あ・ま・い。

要は、音階のそれぞれの音程が相当狂っているのです。

指で穴をふさいで調音していくのですが

その穴を削り過ぎて奇妙な高い音色になったりで

散々でした。


とても重要な事?

今、曲がりながらもパートの仕事をしています。

現役時代もそうでしたが

仕事とは、生活をつかさどる為の収入確保活動。

仮に、パークゴルフに“プロ”としての働く場があったとして

そこで稼いで生計を立てれるのであれば

徹底的にプロ活動で稼ぎ続けれる体を維持しなければいけませんね。


当然プロとしての組織等もありませんし

大きな大会で優勝し続ける人、でもありません。


先程の“仕事”と云うものが

今になっても最も大切な事で

それに支障を及ぼしてはいけないのです。


疲れが溜まっていれば、当然パークゴルフはうまくいきません。

ましてや、仕事に疲れを持ち込む事は犯罪行為です。


パークゴルフの前に

明日の仕事の支障をきたすような疲れが残っていないか

積極的に、リハビリや整調行動をやり続けなくてはいけない

と云う事に

気がついたのです。  











    ご訪問頂いた皆様有難うございます。画像すみません男性


 できましたら下記のテキストかバーナーをクリックお願いしますね 

       FC2 Blog Ranking

       




   御訪問者の皆様から
   多くのコメントをいただきまして大変ありがとうございます。
 
   いただいたコメントの中には投稿内容とは全然関係の無いもので
   首を傾げるものがあります。
 
   特に管理人が不適切と判断したものにつきましては勝手ながら
   削除させて頂ています。





“JALカップ全日本パークゴルフ選手権大会”

パークゴルフ愛好家の間では

この大会を“JAL”と呼んでいます。


各地域で選抜予選を勝ち抜いてきた強豪達の中から

その年の全日本チャンピョォン(日本一)を決める大会。

当然その大会に出場出来るだけでも大きな意味がある。


地域によって選抜方法が流動的なアバウトなところもありますが

それでも一般的には“JALに出た”と言う事で評価は違うものです。

出場した人は当然プレーにも自信がつき

良い意味で周りが影響されてくるでしょう。

ひいてはパークゴルフ界を牽引する力にもなると思います。



私も出場したい部類の人間です。

強豪と肩を並べて、同じ空気を吸いたい\(^o^)/


パークゴルフを始めてから永遠と思い続けているのです。

数多くのハンディを背負いながら

出来ることからチャレンジしていこう。



そうこうしているうちに

仕事などで肉体的・精神的に酷使してきた体は

何度も限界値を越え

回りの方々にご迷惑をかけたりお世話になったり

自分を、幾度はがゆく思った事か。


決定的な事が2年前の3月に起きました。

経験された方の多い腰のヘルニヤ・・・・・・・

それも何年も時を隔てて数回目の。

今回のは、坐骨神経痛にまで発展して

もう右足の感覚がマヒ状態。


脊推体固定術(せきすいたいこていじゅつ)という

チタンのビスを、4個しかない腰骨に2本づつ手作業でねじ込んで

それにチタンの丸某2本を平行にはわし

チタンのナットでがっちり固定する手術。

椎間板の無くなってしまっているところには

骨移植術として椎間板の代わりに

人工骨を2か所ハメ込みました。



復帰宣言をしてからは

毎日のリハビリが辛く、それをやり抜いたから

術後1年目の年には

JAL予選にチャレンジする気構えが有ったのです。

しかし①で投稿させて頂いたこととなり

今年2年目となる5月

リベンジならずの不完全燃焼のまま終ってしまいました。



自分に合っていると考え出したスキルアッププログラム。

しかし、並行して執り行わなくてはいけない要因が二つあって

漠然としたままの姿勢で挑んだ事に問題がありました。


今回はっきりと実証されたのが(出来なかった意味の実証)

①体の疲労が残っていて、腰がプレーをする状態に回復していなかった。

②ニュウクラブに慣れないまま使用し続けた。




①腰の疲労は、過度の練習がそれに当たります。

より深刻なのが、数年前からも同じ様な結末を繰り返しており

今年の情況を振り返り気がついたのですが

“仕事の疲労、解消バランス感覚”が

全くできていなかった事に尽きます。


②のクラブについては

多少の時間が解決してくれるでしょう。


重く言うならば

『疲労』をそのまま放置しておけば

自分の人生をも変えてしまう。


今回の経験から

決して表舞台には出てこなかった

“仕事の疲労”は最重要課題として

根底から対策を打つ必要があると考えました。



来年のJALに向けて

【 I never take it off 】






















    ご訪問頂いた皆様有難うございます。画像すみません男性


 できましたら下記のテキストかバーナーをクリックお願いしますね 

       FC2 Blog Ranking

       




   御訪問者の皆様から
   多くのコメントをいただきまして大変ありがとうございます。
 
   いただいたコメントの中には投稿内容とは全然関係の無いもので
   首を傾げるものがあります。
 
   特に管理人が不適切と判断したものにつきましては勝手ながら
   削除させて頂ています。





腰の手術をして早2年が過ぎました。

昨年までは

日常生活に支障のない体作りを意識しながら

入院中からしていたリハビリを

毎日繰り返し継続して行い、生活リズムを作ってきました。


そして昨年5月

無謀にもパークゴルフ全日本選手権(JAL)出場に向けて

当地選抜大会に参加の申し込みをしたのです。


午前中、地区パークゴルフ協会連合会の春季大会に出場し

午後にその予選大会で選抜される・・・・・・・というストーリーで (*^^)v


現実は、当然甘くはありませんでした。


“日常生活に支障のない体作り”を目標にしている

リハビリだけでは

競技のパークゴルフが出来るはずが無く

“体の不自由な方々にも希望を持って頂くために”と

えらそうにも、口には出しませんでしたが

あきらめることなくやってみようというメッセージを

自分の実績で観て頂こうと思っていたのですが。


本当に浅はかな、無計画な、無謀な甘い思考回路で

今振り返ると非常に恥ずかしい。


結果は当然ながら

曲がりながらも午前中の大会はなんとかこなしたものの

午後からの全日本選手権大会出場者選抜予選会には

腰の痛みが激しくなり、体中が動かなくなり

納得の棄権をしてしまいました。


やはりスポーツをするうえで

それに合った体力・筋力作りをして

まず、怪我のしない体に仕上げなくてはいけないと

反省させられました。


リハビリ+ストレッチ(インナー、他マッスル)+ストレングス

そして体のバランス(若干の器具等を使用)感覚強化


アスリートの様に体を酷使して

きたえていくということではなくて

2~3日朝から晩までパークゴルフをしていても

体を痛めることなく、普通に生活が出来る程度の

体作りをしなくてはいけないと考えたのです。


冬季間も室内で出来ることが多い体作りは

順調に進んで来たと思います。


さ~

いよいよ今年5月17日

2015年度 全日本選手権大会出場者選抜大会が

やってまいりました。


順調な体の仕上がり

ショット・パットも連日の感触に安定感が出て来また。



ここで

準備万端整った2年目になっているはず・・・・・\(◎o◎)/!




ところが

まだ対策を講じなければいけない事が

二つほど残っていたのでした・・・・・・・・・・・(>_<)



                        つ づ く














    ご訪問頂いた皆様有難うございます。画像すみません男性


 できましたら下記のテキストかバーナーをクリックお願いしますね 

       FC2 Blog Ranking

       




   御訪問者の皆様から
   多くのコメントをいただきまして大変ありがとうございます。
 
   いただいたコメントの中には投稿内容とは全然関係の無いもので
   首を傾げるものがあります。
 
   特に管理人が不適切と判断したものにつきましては勝手ながら
   削除させて頂ています。





今日
始めて見た子供の天使の事で
お話してみたいと思います。


そう、それは今朝早くの出来事。

いつもの通り、通勤の路線バスに揺られて
心地良く眠りかけていた時
私の乗った路線バスは
そのバス停で停車したまま動かない。

前に目をやると
少し前を走っていくスクールバスに乗るはずの
小学校1年生、入学したばかりと一目でわかる女の子が
大きなランドセルに振られながら
置いていかれたバスを
渾身の力を振り絞った走りで
必死に追いかけている。

よく映画に出てくるストーリーそのものだ。

バスとの距離がだんだん大きくなり
きゃしゃな小1の女の子は走るのを止めた。

停車中の私の乗っているバスから
おおよそ100m程先に見えている。

一部始終を見ていたが
その子は当然泣きしゃぶり
絶望に満ちた体は大きく震えるはずである。

そうストーリーを予想していたが

この路線バスに乗ろうとしていたもう一人の
小学校中学年くらいの女の子が

大声で
『○○ちゃ~ん!』
『こっちのバスのチケットあるから
  こっちのバスで学校に行きな~!』

小1の少女はチケットをもらい
私の乗っているバスに乗車した・・・・・・・が

最初からこのバスに乗る予定だったその子が
乗車しない。

ん、???


ここは路線バスとスクールバスが
並行して走っていて
学校の行き帰りは無料のスクールバス
生活の足としては有料の路線バスを使っている。

子供たちは、お金が多少かかっても
時間がある程度フリーで使える路線バスも
かなりな頻度で活用しているのです。
それで、有料のチケットが必要な時は
親が渡してくれるのです。


じつは、その小学校中学年の女の子は
スクールバスに乗り遅れてしまった時の為に
親から路線バスのチケットを一枚渡されていました。

しかし
学校に間に合うようにと
その一枚しか無い路線バスのチケットを
一年生の女の子に渡して
バスに乗せたのです。

一枚しか無い乗車チケットを・・・・・・・・

そして、その子は何事も無かったのように
小1の子に笑顔で手を振っている。


え~??

な、なんだ~、あの子は~???


運転手も一部始終を見ていて
バスを発車させない。

チケットの無い女の子も
来週の月曜日に、乗車するバスの運転手に
今日の分のチケットを渡すという事にして
無事路線バスに乗ることが出来
小学校の近くのバス停までたどり着けました。


あの子の行いは
なかなか真似のできる事ではありません。

他人が困っている時
何をしてあげるべきかがきちんと分かっていて
自分をも犠牲にして助けてあげる。

それは
大人の乗車客達の
胸を貫(つらぬ)いた出来ごとだったのです。



始めて目にしました。

あんなにやさしい天使の女の子を。









    ご訪問頂いた皆様有難うございます。画像すみません男性


 できましたら下記のテキストかバーナーをクリックお願いしますね 

       FC2 Blog Ranking

       




   御訪問者の皆様から
   多くのコメントをいただきまして大変ありがとうございます。
 
   いただいたコメントの中には投稿内容とは全然関係の無いもので
   首を傾げるものがあります。
 
   特に管理人が不適切と判断したものにつきましては勝手ながら
   削除させて頂ています。





雪中パークゴルフに行こうにも

こうも雨が降ったり、雪上が水上に変貌したりでは

気候は穏やかなのですが

パークゴルフに行けないストレスが溜まり

心穏やかでない日々を過してしまう。


“この季節だからこそ出来る”・・・(この季節にやっておきたい)

と、季節限定バージョンのキャッチコピーが出てきそうな

ストレッチと体幹ストレングス。

まあ、“てっぱん”と言えばそうなんでしょうが

それが出来なくなるくらい

体のコンディションを崩してしまいます。


冬に入ると

寒さが厳しくなり

当然、ひ弱な私の筋肉は冷えきりまくり

この豪雪地帯で

みんなが避けて通れない

除・排雪作業という名の 《仕打ち》。 


仕事先では

ローティーションが過密になり

冬特有の超レベル神経摩耗業務。



そうです

これらが

私の心身から

共に鋭気を奪い取り

抜け殻にしてしまいます。


昨日も、今日も

耐えきれず

治療院にメンテナンスに行ってきました。

まあ、それくらいでは

体調復元とはなりませんけど。  



それがこの時期のパターンになってしまったようで

ストレッチや体幹ストレングスすらも

体が拒否してしまうのです。



よく言えば

パークゴルフ場の雪は

解けて流れて水溜まりになって

私に

精一杯のおもてなしをしてくれているようです。











    ご訪問頂いた皆様有難うございます。画像すみません男性


 できましたら下記のテキストかバーナーをクリックお願いしますね 

       FC2 Blog Ranking

       




   御訪問者の皆様から
   多くのコメントをいただきまして大変ありがとうございます。
 
   いただいたコメントの中には投稿内容とは全然関係の無いもので
   首を傾げるものがあります。
 
   特に管理人が不適切と判断したものにつきましては勝手ながら
   削除させて頂ています。





前田森林公園内に特設の雪中パークゴルフコースを

今年は1月12日にオープンしたとの事。


          前田コース全貌
去年の雪中1番ホール

《上の2枚は以前撮った写真》




それで今年初打ちにする予定で行ってはみたものの

猛吹雪で積雪3メートル(駐車場の回りに除雪の積み上げ)もあったため

雪中コースに行くまでの歩く道が無い (-_-;)


なんとか車で迂回して管理事務所までたどり着くと

どうもコース造りに着手している様子がうかがえなく

まだ除雪機で“道開け”作業中であった。


こりゃあダメだろうな~   

と思っているところに、いきなり除雪作業員がやってきて

『全く作業が出来ないくらい大雪だから、今日はクローズにしますから。』

と、都合クローズにさせられてしまった。 (*_*;

仕方ないとはいえ、他に言いようがあるだろうに。  (ーー゛)


ここがだめなら別の所に

とワイドパークに願いを込めて行ってみた。



          吹雪のワイドパーク


こりゃあだめだわ、コースが雪に埋もれてる~ ^_^;


当然、大雪の為にここのトラックター(圧雪作業用)は

全く動かしていなかった。


しかたがないから

ここのハウスででもやっていくか・・・・・・ 





          ハウス前
               《 一昨年の写真 》




ここでは18Hほどやって帰りました。




今年の初打ちは、あっけ無い幕開けとなってしまったのです。




それから一週間がたち

恵庭花園にみんパゴ仲間が集結。


何と、激込み予想に反して

“ガラガラ”  (?_?)


          すいている花園



天然芝の腰がしっかりしていて

ここでのラウンドは有意義なものとなりました。


やはり天然芝でプレーすると

心が浮き浮きしてくるんですよね~












    ご訪問頂いた皆様有難うございます。画像すみません男性


 できましたら下記のテキストかバーナーをクリックお願いしますね 

       FC2 Blog Ranking

       




   御訪問者の皆様から
   多くのコメントをいただきまして大変ありがとうございます。
 
   いただいたコメントの中には投稿内容とは全然関係の無いもので
   首を傾げるものがあります。
 
   特に管理人が不適切と判断したものにつきましては勝手ながら
   削除させて頂ています。





今年は

諸大会日程と仕事のローティーションがうまくかみ合わずじまいで

大会参加も2ケタ以内で終ってしまった。 


来年は仕事も人数が増員される予定で

私のわがままも、嫌われない程度に聞き入れてもらえそうだ(笑)

そうなると当然、モチベーションの導火線に火がつき

雪に埋もれるこの時期にも

やることがあると脳が指令を出す。 


ハウスや室内のコースもあるのですが

やはり、大自然に放出され

開放感があって、また自然の厳しさもあり

そこで臨機応変な対応力も身につけたい。


ちなみに、今年はもう雪は十分に積もっているし

雪中コースのオープン時に、出来るかどうかの心配は

突風以外にはまずないだろう。 


・・・・・・・と


一週間ほど前の下書を読み直してみて

やはり北海道の冬は想定外の事が多いと思った。


そんなことはいつもの事なのですが

あてにはならない気候が皆を悩ますのです。


今日も雪ではなく雨でも降りそうな+5℃。

当然雪は春先のように融け始め

水流が路面を滑っていた。

でもまあ、そう言いながらでも

雪中の具合が悪条件でも

時期が来たらパークゴルフに走るんですよね。


あと14日でオープンするところがあり

パークゴルフ好きの私にとっては

雪質や、積雪量なんて全く気にならない。


ただ、ちゃんとオープンしてくれるかが気になるだけ。


その時まで、リハビリアレンジの自主トレで

怪我をしない体作りをしておこうと思っています。


どの様な雪の状態、気候状況であろうが

対応できる準備はしておかないとね。(^^♪












    ご訪問頂いた皆様有難うございます。画像すみません男性


 できましたら下記のテキストかバーナーをクリックお願いしますね 

       FC2 Blog Ranking

       




   御訪問者の皆様から
   多くのコメントをいただきまして大変ありがとうございます。
 
   いただいたコメントの中には投稿内容とは全然関係の無いもので
   首を傾げるものがあります。
 
   特に管理人が不適切と判断したものにつきましては勝手ながら
   削除させて頂ています。





今現在

どっぷりとパークゴルフに浸かっているわけでもなく

体の調子を見ながら軽めのトレーニングを続けていますが

数回ラウンドしてみた中で

自分でもはっきりと分かった事がありました。     



有名なトレーニングの先生曰く

『年をとって一生懸命筋肉を伸ばそうとしても無駄だよ。』

『柔らかくしているつもりが、硬くしてしまう場合が多いから

        ストレッチはあまりしない方が良いですよ。』 

とおっしゃったのを思い出しました。


なるほど

普通に考えて、歳と共に自由が利かなくなるのは理解できる。

しかし、私のように重いチタンのパーツがガッチリ埋め込まれていては

ストレッチどころか、多少でも動かしていないとその周りがチタンに占拠され

それこそ“チタン星人”になってしまうのではないだろうか。 (*_*;



妙に真面目に考えたのでした。(笑)


リハビリでしている事は

理学療養士の先生によってそれぞれ違う様ですが

私の場合ストレングスで、股関節・腰の

それぞれ影響しあっている筋肉を強化して

安定したバランスのいい体を作り

病気再発の予防と、日常生活に同化出来る体に戻そうと

組まれたプログラムでした。


筋肉マンのようにムチムチになって

体力・筋力勝負と言う様な事は

当然望めるものではありません。


普通に、自然に出来なければならない事が

病気によって出来なくなった訳ですから

本来の社会復帰が目標となるのです。


リハビリのストレングスを続けてますと

強化した筋肉は当然力・太さ共、見違えるようになりました。

あくまでも入院当初を基準にしてますから・・・・・・・

それにしても、以前の自分以上のものが得られてきています。


しかし、数カ月も経ってくると

強化されているはずのインナーマッスルが

『キ・キューン』と他人の体の様に突っ張って来たのです。 

もみほぐしても、体勢を変えても勢いが止まらず

本当に、細い一本一本の糸のような筋達が

大蛇のように集団で体の骨を縛り上げてきました。  (/_;)


『いってってってってって・・・・・・・・・・』    

朝と晩に多く攻めてきましたね。(笑)


これではだめだと思い

やり過ぎてはいけないけれど、多少はやらなくてはいけない

ストレッチのメニューを

わたしなりにプロデュースしてみて

ダメであれば、またその時考えようと 

色々試してみました。


そのころ数10冊ほど、関連本を読みあさっていましたから

多少の知識もついたのか、対処法が瞬時にひらめきましね。


私は対処法といいつつ

パークゴルフでも成果が上がる為にはと

先の夢にまで影響してもらえる

一つのプログラムを思いつきました。 



そのおかげで

みんなと一緒にパークゴルフ場のコースを

一日100ホール近くまで回る事もでき

インナーマッスルのつる事も無くなり

最大の成果が、安定したショットに結び付きました。



もちろん、プレー後の疲労などは相当なものがあります。

後日の押し寄せる疲労の代償はありますが

プレーが出来て、その内容で一定に出来ると言う事は

今までにはあまり無かったことで

場数を踏むような、コースに出て必死に感覚をならす

と言う事も、それはそれで必要ですが

想像していた以上にその頻度を気にしなくても

わりと早く体が馴染んでくれていました。



当然、スコアアップ・パット精度アップ等

まだまだ成果が出ていない部分もありますが

基本、これを続ける事は万人が成果を上げる事に

なるだろうと思います。


まだまだ改良を重ね

自分にとっても

最良なプログラムを考えて行こうと思っています。  

















    ご訪問頂いた皆様有難うございます。画像すみません男性


 できましたら下記のテキストかバーナーをクリックお願いしますね 

       FC2 Blog Ranking

       




   御訪問者の皆様から
   多くのコメントをいただきまして大変ありがとうございます。
 
   いただいたコメントの中には投稿内容とは全然関係の無いもので
   首を傾げるものがあります。
 
   特に管理人が不適切と判断したものにつきましては勝手ながら
   削除させて頂ています。






まだ青年なわたくしも(笑)
老眼世代になってきたようで
自分のブログが
少々読みずらくなってきました。 

なので、読みやすくなるかな~と思い
少々大きめの字で書いてみましたよ~。 (*^_^*)

オシャレ感覚で訪問されている方は
ごめんなさいね。


今日は
“リハビリラウンド”を
少し考えてみたいと思います。


辞書によると・・・・・・・・
『リハビリテーション(リハビリ)』とは

総合的な治療的訓練、
身体的な機能回復訓練
精神的・職業的復帰訓練

“・・・・・・訓練”と書いてありますね 


『ラウンド』とは

丸いこと、ひとまわり。
ゴルフでは、18のホールを一周する事。

と書いてあります。


つまり
一般的には治療のためや機能を回復させる
または社会復帰をするために行う“訓練”で
そのためにコースをひと回りする事だそうです。  

わたし的には【トリップ】・・・旅路みたいなものかな~ (笑)


ゴルフをされている方々のブログをググらせて頂くと

“リハビリ”と云う文字が結構目につきます。

多くは

“治療・機能回復・職業復帰”の訓練ではなくて

健常者ではあるのですが、スコアが悪くなったり

出来ていたことが出来なくなったり

理想通りに行かなくて落ち込んだりしてる時など

元の姿(プレーの内容)に戻したいためや

理想の姿にしていきたいためにする練習を

“リハビリ・・・・・・”と言っていますね。



私も

体が悪くてリハビリをしていると言う事ではなくて

うまくパークゴルフが出来ていない時ですが

練習で回っていた時に、“リハビリラウンド”してると

よく“リハビリ・・・・”と云う言葉を使っていました。 (-_-;)


よくよく振返ってみると

その練習している内容や、みられた時の容貌が

自分が見下して見ていた人の姿に重なって

とても恥ずかしいという思いから

他人に真顔で言い訳して使う言葉

言い訳しょうとして使っていた言葉でした。 


実は

体が不自由な方や

病気やけがで不自由になっている方々に

大変失礼な使い方だったと思うのです。


実際に治療や機能回復、復帰訓練のために

ラウンドされている方は

辛い思いをし続けて頑張っているのです。

本当の意味の努力をされているのです。


そういう方々がされている“リハビリ”とは

全く同意義になりません。

ステージが違うのに

言葉だけ《盗難》にあっていたのでした。


本当に申し訳ない事をしていたと

今、心から反省しています。



なぜ

この時期に

ここで

そんな事を言うのですか~・・・・と

聴かれそうですね。



実は

腰の手術をして

自らが不自由な身になって

そのステージで見れるから

良く分かるのです。 











    ご訪問頂いた皆様有難うございます。画像すみません男性


 できましたら下記のテキストかバーナーをクリックお願いしますね 

       FC2 Blog Ranking

       




   御訪問者の皆様から
   多くのコメントをいただきまして大変ありがとうございます。
 
   いただいたコメントの中には投稿内容とは全然関係の無いもので
   首を傾げるものがあります。
 
   特に管理人が不適切と判断したものにつきましては勝手ながら
   削除させて頂ています。





無理はいけませんよ、無理は (@_@) ・・・・・・・・・



9月13日(土)、14日(日)の2日間は

パークゴルフの登竜門 『第20回JALカップ全日本選手権パークゴルフ大会』が

北海道の幕別町で開催されます。


パークゴルファーなら一度は行ってみたい夢の大会 (少し大げさですね) 

各地で選抜大会を勝ち抜いてきたつわもの達が

今年の栄誉を我がものにせんと

死闘の狼煙(のろし)を間もなく上げる。


皆がそうではないと思いますが

おおよそは“あわよくば”と決め込んで

それに向けて準備を進めているはずです。 


ところが、高齢者が多いために

想いと体が一致せず

熱意に体・本体が負けてしまい

怪我をされてしまった方が多いはず・・・・・・  違いますか~(笑)


・・・・・・・ほら、言わないこっちゃ~ない(笑)


特に、経験されている方の多い “腰痛”


ヘルニヤ、坐骨神経痛・・・・・・・・・etc. になってしまったら

それこそ、即病院に行って下さいネ  


最悪、手術と云う具合になり

退院しても半年くらいはパークゴルフのパの字も出来ません。


せいぜいリハビリで



          ウエイト


2キロ程のウェイトを左右の足首に巻き

上向きになったり

横になったり

うつ伏せになって 

膝を伸ばして、それぞれ片脚ずつ上に持ち上げます。


それと

平ゴムで膝を縛り、膝を立ててゆっくり開く

股関節のストレングス。

普段使われない股関節の部位を刺激する。



          股関節ストレングス①




そして開脚と・・・・・・・


          股関節ストレングス②



・・・・・・こんなリハビリを

ビッシリ半年以上かけてやらないと

体幹力は以前に戻らないそうですよ~ 




でもね~


どうしても腰痛を和らげて

絶対大会に出たい~んです~   

と泣いて頼まれれば

そりゃ~、同じパークゴルファー仲間と云う事で

こそっと教えてあげますね~(笑)



あくまでも、私個人がやってみてスッキリとしたことで

皆さんがどういう具合になるかは

責任の持てるものではないですし

特にお勧めしているわけでもありませんので

その点をご留意してと云うのでしたら・・・・・・


じゃあ~  (*^^)v


① ベット等にうつ伏せになり
   両腕を耳たぶにつけるくらい真っすぐ伸ばし
  息をゆっくりしながら 20数えます。

②そのまま脚を思いっきりゆっくり開きます。 

③そのままの体勢で
 左ひざをゆっくり上げ、右手で膝を引き上げます(膝またに手をかけ)。
                             (ゆっくり、ゆっくり)
 その時、右肩は体の下の方にきてるでしょうか?  

④左手のひらで、ゆっくり腰、背筋、臀部をさすります。
 親指で幹部を静かにゆっくり押してみます。
 そのまま、今度は手のひらで腰を押し伸ばしてみます。

⑤5分位行ったら、今度は左脚は開脚したまま伸ばし
 右ひざを左手で引き上げます。

 あとは左右逆にしただけですから
 ゆっくり、ゆっくり
 リラックスしてやってみて下さい。

 ポイントはゆっくりの呼吸とゆっくり動作
 リラックスして、気持ち良くなるまでやってみて。


 場合によっては、昨日のあなたが復活するかも知れませんね(笑)







    ご訪問頂いた皆様有難うございます。画像すみません男性


 できましたら下記のテキストかバーナーをクリックお願いしますね 

       FC2 Blog Ranking

       




   御訪問者の皆様から
   多くのコメントをいただきまして大変ありがとうございます。
 
   いただいたコメントの中には投稿内容とは全然関係の無いもので
   首を傾げるものがあります。
 
   特に管理人が不適切と判断したものにつきましては勝手ながら
   削除させて頂ています。

検 索
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆       (地区をクリック)

-天気予報コム- -FC2-
季節のお便り
注目サイト
メール下さい!

名前:
メール:
件名:
本文:

嬉しいコメント
FC2ブログランキング
FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

ブロとも一覧

しゅんY12の部屋【パークゴルフ研究・ゴルフゲーム等プレイ日誌】